暗号通貨とは?

暗号通貨とは、インターネット上においてP2Pネットワークで繋がった端末同士が、暗号情報をやり取りして流通する通貨のことです。

P2Pネットワークで繋がる各端末(PCやスマホ)は、それぞれの暗号通貨(例えばビットコイン)クライアントソフトで自主的に情報を交換、共有しており、ネットワークを管理する運営団体や主宰者は存在しません。

また、それぞれの暗号通貨のクライアントソフトはオープンソースとして公開され、通信内容の記録(送金記録など)も共有されているので、不正行為を行うことが限りなく不可能に近くなっています。


送金手数料がほぼゼロに近いため、海外送金や少額送金に絶大な威力を発揮します。

100円や数円などの送金は、これまでは送金手数料の方が圧倒的に高くつくため現実的ではありませんでしたが、暗号通貨の登場で気軽に「イイネ」テイストで少額送金や投銭、寄付などが可能になりました。

用い方次第では無限の可能性を秘めた送金決済システムなのです。

世界的に最も普及している暗号通貨がビットコインであり、国内で最も用いられている暗号通貨がモナーコインになりますが、暗号通貨世界標準に合致したものだけで現在約700種類の暗号通貨が存在しています。

日本で生まれた暗号通貨には、モナーコインの他にBitzeny、Ringo、FujiCoin、Kumacoinなどがあります。(暗号通貨世界標準に合致したもののみ)